「ベビーコーチング」は特許庁から認められた当協会の商標登録です。
日本ベビーコーチング協会

資格をとってママやベビーの役に立つことをしたい
ベビーケアマッサージインストラクター
養成講座
ベビー知育教室開業講座
(旧)ベビー知育インストラクター養成講座
リトミック知育インストラクター養成講座
幼児教室開業者養成講座
知育玩具アドバイザー養成講座
キッズ食育プロフェッサーインストラクター養成講座
ベビー&キッズエキスパート養成講座
ベビーエキスパート講座
キッズエキスパート講座
キッズ知育インストラクター
育脳トレーナー養成講座
幼稚園・小学校受験指導者養成講座
エデュマインドコーチベーシック養成講座
(旧)ベビーコーチングアドバイザー養成講座
コミュニケーションアドバイザー養成講座
メンタ―を取得するためには
法人・園・学校向け講座
ファミリーアドバイザー検定対策講座
ファミリーアドバイザー検定
知育玩具アドバイザー養成講座
資格をとってママやベビーの役に立つことをしたい
ベビーケアマッサージ教室
ベビー知育教室
リトミック知育教室
キッズ食育プロフェッサー講座
子育てコミュニケーション入門
資格をとってママやベビーの役に立つことをしたい
認定講師リスト
日本ベビーコーチング協会理事・賛助会員
資格をとってママやベビーの役に立つことをしたい
カリキュラム教材販売
合 格 者
合格者コメント

ファミリーアドバイザー検定試験3級

合格者コメント
千田歯科の皆様
 合格証書
私は、今までアルバイト中に小さな子どもと接する時は、フランクに話しかけていました。ファミリーアドバイザーの授業を通して子どもでもやはりお客様であり保護者もいらっしゃるので、丁寧語を使うことも必要だということも学びました。また子どもは危険なこともするので行動を指示してから理由を言うことで危険回避できることも学びました。今後はしっかりと対応していくようにしたいです。
滝口愛梨さん
それぞれの世代で特性や注意するところが違うのでお客様一人一人に合った丁寧な対応できる人になりたいです。特にミドル世代の方々は素早い対応が求められることが多いため、ゆっくりしている私がお客様を不快にさせてしまわないように努力していきたいです。また、人にはコミュニケーションタイプがあるためその人に合った対応やお客様が求めていることそれ以上の接客ができる人になるためにも今回学んだことを積極的に使っていこうと思いました。相手の立場になって考え、相手を理解することがとても大切だと思いました。 ファミリーアドバイザーを学ぶまでは、アルバイトで何かクレームがあっても自分で対応せず店長に対応してもらっていました。しかし、この授業を受けてクレーム対応の順序も学びたくさんの事例を考え、またクレームを言っている人の怒りの奥の感情も学んだので今後、アルバイト先でまた将来、ホテルに就職した際にクレームがあっても自信を持ってこの知識を活かしていければいいなと思います。
田中木葉さん 津田千颯さん
シニアのお客様には自分から歩み寄り、ご家族連れにはお子様の安全や保護者の方の大変さを頭に置き対応していきたい。各世代に合った声の大きさや話し方、態度、表情などを常に意識して対応し、お客様の求める一歩上を目指し接客していきたいです。クレームがあってもそのマイナスをプラスにできるようにどの世代にも丁寧に接していきたいです。 人がクレームを言っている時、その怒りや不満の裏には、自分をわかって欲しい気持ちがあるということを学び確かにそうだなと感じました。今後、お客様の気持ちに寄り添いながらお客様が何を求めているのかを理解しニーズに応え、お客様が嫌な気持ちにならない不満を持たれず楽しい気持ちで過ごしていただける対応と環境づくりを実践していきたいと思いました。
石田遥香さん 黒木舞優さん
私は現在、小さなお子様がいるファミリー層からシニア世代と幅広い年代のお客様が来るテーマパークで働いています。ファミリーアドバイザーの授業を受けてテーマパークで、ものすごく活かせることばかりで授業がとても楽しみでしたし授業で各世代の行動特性を学んで習ったことをそのまま役立てていこうと思いました。また、クレーム対応を拡大させないためのプロセスを学べ実際に現場で活かすことができました。始めは怒っていたお客様に最後はきちんと納得していただき、ファミリーアドバイザーの授業を受けていて良かったなと思いました。

今、働いているアルバイト先で様々な世代の方との交流があります。一度、私の不注意でクレームにつながってしまったことがあり、その時は謝るということしかできず、お客様を不快にさせてしまいました。ファミリーアドバイザーの授業を受けて世代別に関わり方が変わってくることやクレーム対応を初めて知りました。私は、焦ると早口になってしまうことがよくあるのでシニアの方たちだけに限らず他の世代の方にもリラックスして大きな声でゆっくりと話すことを忘れずに、各世代やその場に寄り添った接客ができるように心がけていきたいと思っています。

田中まりなさん 石井香音さん
今回ファミリーアドバイザーで目指すものやその目的、考え方などを聞き、各世代のそれぞれに行動特性があることを知りました。またそれを理解した対応をすることが必要だと思いました。すべての人に同じ対応ではなくそれぞれの世代の特性にあった対応をしていくことが重要だと実感しました。今回得た知識を活かして今後の業務をおこなっていきたいです。

私が人前に立つ仕事をしている上で多くのクレームを聞くことがあります。いつも対応ができずに悔しかったのですがファミリーアドバイザーの授業を受けて世代別に対応すると一人一人に伝わることができ、最終的に満足して「ありがとう、ごめんね」と言ってくださる方もありました。クレームとなると私自身がまず焦ってしまい謝ることしかできなかったのでこの授業で学んだようにまず落ち着いて、相手が何を伝えたいのか理解することを頭に置いて対応するように心がけています。また赤ちゃんや子どもとミドル、シニアとは行動特性が全然違うのでその方々で変えて対応できたらいいなと思います。

原山ゆうり先生 中山柚葉さん
私は将来テーマパークのスタッフとして働きたいと思っています。お客様が不快な気持ちになることがないように日を楽しんでもらえるように対応したいです。もし、何か不快な気持ちになってしまったら自分の対応でこれより不満を拡大させないようにしていきたいです。また、テーマパークにはご家族で来られる方が多いのでご家族が良い思い出になって帰っていただけるようにそれぞれの世代にあった対応をしたいと思います。

私はテーマパークで働きたいのでこの検定で出てきた赤ちゃんからシニアまでの世代別行動特性を理解してそれぞれの世代のニーズに応えられるエキスパートになりたいです。そしてお客様の皆様が笑顔でご帰宅していただけるようにこの資格を活かしていきたいです。働く中でとても困るのがクレーム対応だと思います。授業で学んだクレーム対応の順序を身につけお客様対応で活かしていこうと思います。世代別行動特性やクレーム対応などは、どの接客業にも必要なことなので生きていく上でもとても活かせると思います。

田原緑さん 19歳 宮井結衣さん 18歳
将来、仕事をしたいと思っているテーマパークには、ファミリーで来られるお客様が多いので今回学んだ世代別の行動特性は、しっかり覚えて活かしたいと思いました。お子様に丁寧な言葉で話すことや子どもを持つ親の立場を理解し対応できるようにしたいと思います。クレームを受けた時でもお客様からのメッセージだと思ってしっかり受けとめ怒りの心理学で学んだような事前期待より実感が上回る、最後は感謝していただけるような対応をしたいと思います。 今の実習先も将来進もうと考えている就職先もお子様からお年寄りの方がお客様で来られる業界です。小さいお子様からお年寄りの方まで世代別の特性を学んだのでそれぞれの方に合ったお客様対応をしていきたいと思います。そして多くの方の笑顔を引き出せるように今回学んだことを活かしていけるようにがんばりたいと思います。
笹井里世菜さん 19歳

山田陸斗さん 19歳


Copyright 2013(C) Japan Babycoaching Association. Allright Reserved